カリビアンコムのAV女優はギャラ3万で中出しセックス無修正動画を撮影

カリビアンコム)はい。大丈夫です。これが本来の使用方法ですから。そう言いながらカリビアンコムはお金を渡してきた。予想以上の額にAV女優はビックリした。AV女優の知識だと、だいたい2万前後だと思っていた。いろいろサービスしても3万か・・・しかし、カリビアンコムが稼いできた額はAV女優の想像を遥かに超えていた。いったいどんなことをしてきたのだろう?相手はどんな男だったのだろう?AV女優)こんなに沢山・・・聞きたいことが次々と頭に思い浮かんだが、これを全て飲み込んだ。知ってはいけない・・・いや、知りたくない・・・ともかく、この金額では今月分のアパート代、光熱費など諸費用を払ってもお釣りが来る。そこに自分のアルバイト代を足せばギャルさんへのプレゼントだって余裕で買える。AV女優は、改めてカリビアンコムのことを頭からつま先まで変った所や、故障は無いか見てみたが、見た目には何も変っていない。少し知らないシャンプーの匂いがする程度だった。思わずカリビアンコムを抱き寄せた。AV女優)ゴメンな・・・ありがとう・・・もう、こんな思いはしたくない。早く仕事を探そう。この時はそう思っていた・・・―翌月―ギャルさんの誕生日が来た。お互い夜10時からは仕事なので、夕方4時にAV女優のアパートに来てもらう約束をした。カリビアンコムの上達した料理を食べてもらいたい。誕生日のお祝いもかねて。そう言ったらギャルさんは快く了承してくれた。誕生日のこの時間帯にアパートに来てくれると言う事は脈有りだろう・・・AV女優は1人舞い上がった。あとは、どのタイミングで告白とプレゼントを渡すかが問題だった。カリビアンコムが料理をする時間、食事をする時間を計算してカリビアンコムにタイミング良く外出して貰おうと考えた。その間に告白をしよう・・・。カリビアンコムの外出するタイミングをどうするか、その打ち合わせを何度も繰り返した。AV女優はギャルさんが来るまで緊張で何度もトイレを出たり入ったりしていた。そして、ついにその時が来た。いつも通りにギャルさんを部屋にいれ、カリビアンコムが用意した料理を次々に出す。ギャルさんが来る時間に合わせて料理を作らせたのだ。少しでも告白に使う時間は多い方が良い。この日の料理は誕生日バージョンでいつもより装飾が豪華だった。カリビアンコムはいつの間にこんな料理を覚えたのだろう?日に日に学習していることに、いつも一緒にいるAV女優ですら驚かされる。ギャル)本当に上手になったね?カリビアンコムちゃん!もう私より上手じゃない?嬉しそうに笑うギャルさん。

 カリビアンコム入会はコチラ