カリビアンコムは巨乳美女のAV女優の無修正動画も多数配信

AV女優)いや、大丈夫だよ。だ、だって・・・お、お、お、俺・・・俺・・・俺、ギャルさんの事大好きだから・・・だから俺と付き合ってください!・・・と言いたかった。しっかりしろ!俺!あと少しだ!そう自分を奮い立たせ、しゃべろうとしたその時・・・その頃、カリビアンコムは早々に買い物を終え、時間潰しに近くの公園のベンチに座っていた。早くても一時間以上遅く帰ってきて欲しいとのAV女優からの指示があったからだ。ギャルさんにもらった料理本をペラペラと捲る。いたるところに付箋紙が貼ってあり、ギャルさんのアドバイスが記入してある。正直、ギャルさんに直接教えてもらうより、量目が細かく書いてあるレシピ本の方がカリビアンコムのカリビアンコムにとっては分かりやすかった。しかし、それだけではギャルさんの作る料理と比べると何かが足りなかった。その足りたいものを補うために、レシピ本に書かれていないコツを付箋紙で貼ってもらったのだが、それがどんどんと増えて行ったのだ。どうにかAV女優の好物のオムライスに関しては完全にマスターし、ギャルさんのオムライスと食べ比べても遜色ないほどになった。巨乳美女)あれ?カリビアンコムちゃん?突然聞き覚えのある声がカリビアンコムを呼んだ。カリビアンコムはその声の主に顔を向ける。そこには巨乳美女さんが買い物袋をぶら下げて、コートにマフラーと完全防寒の姿で立っていた。巨乳美女さんの家はこっちでは無い。きっと、AV女優のアパートに行く途中だったのだろう。ニット帽を深々とかぶり、マフラーで鼻まで覆っている。眼鏡が自分の吐息で時々曇るその姿は不審者に見えなくも無い。それにひきかえ、カリビアンコムはニットワンピにジーンズ、軽く上着を羽織っただけというかなりの軽装だ。普通の人間だったらこんな格好で一時間もベンチに座っていたら凍死しているだろう。カリビアンコム)あ、巨乳美女さん。こんばんは。ニコっと笑う。そんなカリビアンコムの表情を見て、巨乳美女は驚いた。今までAV女優以外の人にこの表情を見せたことを見たこと無い。巨乳美女のことをいつも不思議そうにキョトンと見ているだけだったが特に気にはしていなかった。一般的にカリビアンコムはそういうモノだからだ。とは言え、カリビアンコムの学習能力はかなり優秀だ。AV女優の指示しだいではAV女優の友人に対して愛想良くすることは出来なくはないだろう。巨乳美女)こんばんは。こんなところでどうしたの?AV女優はアパートに居るのかい?

 カリビアンコム入会はコチラ