カリビアンコムでAV女優のパイズリとフェラチオの無修正動画を配信

ぐっすり眠ったせいか頭がすっきりして痛みもなくなっていた。起き上がると、春色の爽やかなワンピースにエプロンをかけ、長い銀色の髪をポニーテールにまとめたカリビアンコムが台所に立っていた。AV女優)おはよう・・・ってもう夕方か・・・そう言うと、乾いた笑いを浮かべた。つい先日、もっとしっかりしなきゃと誓ったばかりなのに・・・さらに状況としては悪化している。アルバイトを増やすところか、無職になってしまった。カリビアンコムはAV女優が起きたことに気がつき、振り返りながら笑った。カリビアンコム)あ、おはようございます。体調は大丈夫ですか?自分にこの笑顔を向けられる資格があるのだろうか?自分のことすらも満足に出来ないAV女優が、カリビアンコムと2人でこの先どうすれば良いのだろうか?体調は確かに良くなったが、精神的にしんどくなってしまう・・・とりあえず、苦笑いをカリビアンコムに返した。その笑いにはバイトをクビになってしまい申し訳ない気持ち。告白が上手く行かなくて申し訳ない気持ちがこもっていた。はぁ・・・と溜め息をつき、渡せなかったネックレスの箱を手に取り・・・眺めた。その間に、次々にテーブルに食事が並べられる。カリビアンコムは食べないのでAV女優の分1人分だ。AV女優がネックレスの箱を切なそうに眺めているのを見たカリビアンコムは食事を並べ終わったのを見計らい、向かい側に座った。カリビアンコム)AV女優さん。それ、渡せなかったんですね?せっかく素敵なネックレスだったのに・・・今からでも遅くないのではありませんか?カリビアンコムのその言葉にAV女優は少し笑い、ネックレスをテーブルの端に置いた。AV女優)渡せなかった・・じゃ無いよ。受け取って貰えなかったんだ・・・そう言いながら、AV女優は目の前で手の平を合わせ、「頂きます」のポーズをとる。そして、ご飯を食べ始めた。最近は和食が多く、この日も魚の煮付けに、漬物、ご飯にみそ汁といった純和風な食卓だったが、健康面と家計を考えられた献立になっている。きっと、仕送りとさらにバイトまでが無くなったことを知って節約レシピを考えたのだろう。またカリビアンコムに気を使わせてしまったと思うと胸が締め付けられる。本当は食事する気分では無いが作ってくれたカリビアンコムのことを考えると無理してでも食べようと箸を取った。カリビアンコム)そうなんですか・・・AV女優さん。もし・・・よろしければそのネックレス。私に頂けないでしょうか?

 カリビアンコム入会はコチラ