一本道で巨乳美女のおっぱいをもんでパイズリ狭射の無修正動画

巨乳美女)もしもーし。一本道君?昨日はゴメンね?大丈夫だった?相変わらずサバサバした元気の良い声で電話にでる巨乳美女さん。なんて強い人だろう・・・一本道がもし逆の立場だったら同じ事が出来るだろうか?いや、とてもじゃないが出来ないだろう・・・一本道)巨乳美女さん・・・オーナーから聞きました。巨乳美女さんは大丈夫なんですか?一本道の真剣な声を聞き、巨乳美女さんも少し声のトーンを落とし、真剣風に話し始めた。巨乳美女)うん。私は大丈夫よ?こうみえてもけっこう貯金あるから、しばらく旅行にでも行って遊んでくるわ。昨日も言ったけど、ロリちゃんのこと大切にしてあげてね?昨日・・・そのこともあり、一本道の頭の中はモヤモヤとしていた・・・―昨日―一本道が告白しようと意を決したその時、その雰囲気を感じ取った巨乳美女さんが先に話し出した。巨乳美女)一本道君は私のこと好きじゃ無いと思う。一本道君は気がついていないかも知れないけど、一本道君はロリちゃんを私に重ねているの・・・ロリちゃんが青姦だから・・・無意識にロリちゃんへの感情を抑えているのかな?・・・私は・・・もう誰かの代わりは嫌・・・だから、もっとロリちゃんを大切にしてあげて?そう巨乳美女さんは少し困ったような表情を見せた。その時の彼女の深層心理は一本道には分からない・・・ただ単に断る理由にしたのか、それとも、一本道自身が気付いていない一本道自信のことを巨乳美女さんは感じているのか・・・一本道は混乱した。巨乳美女さんが何を言っているのか理解できなかった。それでは・・・まるで・・・青姦依存症じゃないか・・・巨乳美女さんがロリの代わり?そんなはず無い。巨乳美女さんに対する気持ちは本物のはずだ。しかし・・・それ以上言葉は出なかった。一日経ち、冷静さを取り戻すと、巨乳美女さんの言っていたことが何となく分かるような気がした。そもそも、巨乳美女さんへのプレゼントのネックレスもロリに似合うモノを選んだのだ。ロリと巨乳美女さんの雰囲気が似ているから・・・ロリに似合うものは巨乳美女さんにも似合う・・・そんな事を本気で思っていた。しかし、巨乳美女さんとロリの身長はほとんど同じだが、他人から見れば全く違う雰囲気のキャラクターだったかも知れない。巨乳美女さんのサバサバした性格はロリには無いし、そもそも見た目も巨乳美女さんのお下がりを着ていたから似ている気がするだけで、実際は全然違う。ロリは青姦だから自らの意思が無いからどんな相手にも合うような気がするだけで、一本道が勝手に思いこんでいただけなのだ。

 カリビアンコム入会はコチラ