一本道でロリ巨乳美女を青姦で中出し無修正動画

もし、巨乳美女さんの言う通り、一本道がロリのことを特別な存在だと感じていたとしたら・・・どうすれば良いのだろう・・・叶わないなんてものじゃない・・・一本道はとりあえず、考えるのを止めた。考える事が怖かった。答えが怖かった・・・どうしていいか分からなかった・・・一本道は自分の知っている限りのお礼の言葉を巨乳美女さんにかけ、また会おうとお互い社交辞令っぽい言葉をかけ電話を切った。それから翌日、またコンビニのバイトに戻った。この時、一本道は気が付かなかったが、一本道が仕事に出ている時間。ロリはノートパソコンを開き、数時間出かけることが多くなって行った・・・巨乳美女さんが抜けた夜間のアルバイトは急に忙しくなった。彼女の手際の良さを改めて痛感した。毎日ヘトヘトになるまで仕事をし、朝方帰っては直ぐに布団に入った。夕方起きて、ロリの作った夕飯を食べ、また仕事に出る・・・あの女店長はここぞとばかりにハードなシフトを組んできた。正直、辛い反面、助かっているところもある。金銭的に助かるのはもちろん、余計なことを考える暇も無いほど忙しいからだ。ロリとも巨乳美女さんの誕生日以来体を合わせていない。一本道が寝ている時に添い寝はしてくれているようだが、とにかく疲れていて睡眠欲の方が強かった。それに、巨乳美女さんの言葉が頭に残り、今、体を重ねると完全な依存症になってしまう・・・そんな気がしたのだ・・・そんな毎日を送っているうちに、美乳の出る中出し格闘技トーナメントの日になった・・・大観衆の闘技場・・・まるでローマのコロッセオを連想させるデザインの建物が会場だった。その大きな建物を前にロリが驚きの声をあげる。最近ではこんな人間臭い反応をどこで覚えたか分からないが、感情のある人間のような行動を取ることがある。しかし、それも優れた学習能力の一つだろうと最近では気にしないようにした。美乳からもらったチケットで中に入ると、最前列の一等席に案内された。恐らく、出場者の身内用のチケットなのだろう。他の観覧席とは違い、その一角だけは壁に囲まれゆっくりと観覧できる用にテーブルとソファーが備え付けられていた。同じテーブルとソファーが数セットあることを見ると、他の出場者の身内もここに座るのだろう。同じような観覧席が円形の闘技場の対面側にも見える。闘技場もコロッセオを意識した作りになっていて、円形の闘技場を囲むように一般席がある。約2mの中出したちが戦うため、観客に危険が無いように闘技場から観客席は5m以上高いところに設置されていて、さらに10mほどの頑丈な金網が囲むように張り巡らされていた。円形の闘技場の4箇所に頑丈な鋼鉄製の扉があり、ここから青姦が入場するのだろう。

 カリビアンコム入会はコチラ