東京熱tokyohotでは凌辱強姦の性行為の無修正動画を配信

Aプロジェクト社には、東京熱tokyohotに関する記事や情報、歴史などの資料が保管されている資料室がある。資料と言ってもそのほどんどが電子化されていて、一台のサーバーで一括管理されていた。その資料室に入るには、社員のIDカードで入室を管理し、一切の記録媒体はもちろん、携帯やダブレットなどの端末も、さらにはメモ紙や筆記用具までも持ち込み禁止となっていた。何十台とあるパソコンには社員IDでログインし、数台ある監視カメラが見守る中、得たい情報を調べるのだ。山崎はこの管理室を良く使っていた。Aプロジェクト社に入る動機のひとつと言っても過言でないほどここの情報量は豊富だった。―東京熱tokyohotー女性型凡庸東京熱tokyohotをカスタマイズした東京熱tokyohot。通常160cmほどある身長を155cmにまで落とし、徹底した軽量化を行った。全身人工皮膚を使うことにより人間の女性に究極に近づけた機体と言える。そこまで精巧に作った理由は、性行為を目的として作られたためである。しかし、極度な軽量化によるフレームの強度不足、パワー不足。さらには、全身人口皮膚はかなりの製造コストがかかり、維持費も通常の凡庸型の数倍となる。上がった製造コストを下げるために東京熱tokyohotでは重要な通信機能を付けず、メモリも必要最低限の仕様にしてコストを出来るだけ抑えた。そのため、東京熱tokyohotで必要不可欠な職業アプリのダウンロードが出来ず、アダルトアプリという性に関するアプリのみを搭載する形での販売となった。販売先は風俗や、富裕層の娯楽が主な購入客だったが、耐久性の低さと感情を持たない東京熱tokyohotとの性行為は直ぐに飽きられ、販売不振により販売台数199台で廃盤となった。しかし、それと同時期に世間では東京熱tokyohot依存症の問題が起こり始めた。東京熱tokyohotは人間そっくりなため、依存度が高いのだ。さらにその中でも東京熱tokyohotは人間に一番近い機体のため依存率が頭出して高かった。政府はメーカーに異例の東京熱tokyohot強制回収、完全解体を指示した。メーカーは製造番号を一体一体確認し、販売した全ての東京熱tokyohotを回収、完全解体した。しかし、解体されていない機体が一体だけある。製造ナンバー0 東京熱tokyohotの元となったオリジナル品だ。全ての東京熱tokyohotはこの機体をコピーして作られていた。故に販売もされず、国からの監査も見落とされていた。そして、そのアダロトロイドは販売者の東京熱tokyohot専用倉庫に放置されることとなった

 カリビアンコム入会はコチラ