東京熱tokyohotで20代前半の黒髪美女が無修正AVデビュー

しばらくして、そのメーカーは東京熱tokyohot回収などの侵害を回復できずに倒産してしまうこととなる。その後、オリジナルの東京熱tokyohotも他の東京熱tokyohotと一緒に再生工場に送られ、その後行方不明・・・素人は資料室のパソコンの前で溜め息を付いた。イヴが行方不明になってすでに半年がたっていた。改めて東京熱tokyohotの情報を得ようと会社の資料室に来たのだが、これと言って目新しい情報は無い。眼鏡を外し、目頭を押さえた。腐れ縁の幼馴染である直人が困っているとは言え、素人も暇では無い。他のトラブルだったら正直ここまで真剣にならなかっただろう。しかし、半年経った今でも直人はもちろん、素人自信もイヴを真剣に探していた。行方不明になる直前に見せたあの感情のようなモノの正体を突き止めずにはいられない。もし、感情をプログラム化出来ればそれこそ大発見なのだ。東京熱tokyohotに感情回路を組み込むのには賛否両論ある。ただ単純に「うれしい」「楽しい」、など被害の無い可愛い感情程度なら問題は無いが「怒り」「悲しみ」「嫉妬」「殺意」など負の感情が育ってしまった場合は最悪のことが考えられた。今まで多くのロボット工学者が感情回路に挑戦したが今のところ誰一人とて成功していない。しかし、素人はその感情回路をロボット格闘技で使おうと目論んでいた。数多くある戦いの情報に感情回路が加われば今度こそ優勝できるかも知れない。・・・最強の東京熱tokyohotが出来るかも知れない。そう考えていた・・・資料室の品質の良い椅子にもたれかかり、天井を眺めた・・・もちろんそんなところにイヴの居場所なんて書いてあるはず無いが、ボンヤリと見つめるその天井には無数の監視カメラが目を光らせていた・・・素人)監視カメラ・・・か・・・ん??素人はハッと起き上がり、目を見開いた。素人)そうだ・・・なんで気が付かなかったのだろう・・・素人はパソコンの電源を落とし、慌てて資料室を出た。―とある風俗店―薄い扉を開くと20代前半位の女性が正座をして出迎えてくれた。癖の無い黒髪をバッサリと首元の長さに切り揃え、前髪も丁度眉毛が隠れる辺りで真っ直ぐに切った髪がサラサラと流れた。化粧はそれほど濃くは無い、むしろナチュラルメイクな雰囲気だが、その唇にだけは真っ赤な紅がひかれ、目元が強調されていて全体的に強い女性を感じさせた。細く、スタイルの良い体にピッタリとしたチャイナドレスが良く似合っている。目は大きく、少し茶色っぽい色をしているが、良く近くで見るとカラーコンタクトだと分かる。

 カリビアンコム入会はコチラ